スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOBE-REYES-

皆々様こんにちは。

昨日ついに人工サーフィン施設
「KOBE-REYES-」7/27OPEN発表させて頂きました。

ビギナー波です。サーフィン経験者の方には期待に添えず
本当に申し訳ない!!!!!!!!!!

理由としてはホームページにも掲載させて頂いてます。

http://www.kobe-reyes.com/wave/index.html

このブログではさらに突っ込んだ事情をお話しようかと思います。

「言い訳がましい野郎だな~~、結局小波しか現状で出せないんだろ?」
っと思ったアナタ!!!!正解です!何も言い返せません。

「波は小さいし、水も色悪いな~~~」
っと思ったアナタ!!!まったくもっておっしゃる通りです!!
ポロロッカか!って話ですよ。


「ハア、、ハア、、、、何も言えねえ~、、」
こんな感じです。



以下は、
「なんでぇなんでぇ聞いてやろうじゃないの!」
って方向けに書かせて頂きます。

「不愉快だ!コンチクショウメ!おい母さん!塩まいとけ!」
って方はポチっとページを閉じちゃって下さいませ。



まあ内容はホームページに掲載しているのがほとんどですが補足しますと

弊社の特許である「キャリー式造波装置」の特徴は、
読んで字のごとく「運ぶ」んですね。水を。
「押し出す」という感覚よりも「運ぶ」のです。バケットに大量の水を作り出し運ぶ。
これにより厚みのある「うねり」が作り出せれる訳です。
そして発生した「うねり」をこれまた弊社特許の「人工リーフ」により増大させブレイクさせる。

この方式は世界初です。何故この方式に拘ったかと言うと
そもそもが「サーフィン未経験者」の為に作ったからです。
世界で先行している波は、いわばターンマシーンに思えてしまい、乗れる人はいいですが
乗れないor乗ったことが無い人にとって、乗れなければ全然楽しくないんじゃないか?っと。

出来るだけ自然の波に近づけて、
乗れなくても「やられた~」「次こそは~~」って楽しめる波にしたかった。


昨年8月に工事開始し、年末には主たる工事は終了していました。
そこから、造波装置との戦いでした。
一時は、迷走し当初の理念を失いダンパーでもいいから
波の大きさ求めようかとリーフも改造したりしました。
経験者ならそこそこ乗りこなせるだろうと。
これだけ世間から注目を浴び期待されて
Aフレーム(左右に割れる波)の形は出来ても小波など、、
どれだけの批判を浴びるだろうか、、、、
それならば、Aフレームの形ではなくても、とりあえず大きさ重視でいくか、、、

一度は人工リーフも解体し、大きさは出ました。

っが、それはやはり許せない

悩みました。

目先の評価か次に繋がる技術、未来か、、、、
未来を取りました!

やらぬの後悔よりやっての後悔

僕ごときの恥など、どーでもいいかと。もともと何も持たざる者だし。
批判もあまんじて受けようじゃないか!!
それよりも明るい未来だ!!

勝てば官軍負ければ賊軍。
でも負け戦から学ぶ事もあるさ。


そこから徹底的に造波装置のクオリティーを上げることに集中しました。
人工リーフも復活させました。
社員3名の零細企業が受けれる融資は知れています。
改造工事費用に借りれるだけ借りました。
結果、運ぶ水のロスは極限まで減り、
最大の敵である巻き込み波(こいつが鬼のように負荷を食う)も解消し
わすかな動きで大量の水を集めることに成功。

っが、しかし大量すぎて運べない、、、、電力が、、、、足りない、、、
RUN(我々の中では運ぶ動作をそう呼ぶ)が稼げない。
このRUNがうねりの厚みを増大させるのに。
造波装置のポテンシャルを生かせない、、、

実際見てもらえれば分かりますが、今現在造波装置のRUNは本当に短いんです。
全然使いきれて無いんです。

あえて水を逃がすか、、、厚みを消すか、、、、見た目は大きな波になる、、
いや!質だ!次につながる波質だ!

なんとかこの現状で波を出し、ビギナーの「サーフィン体験用」としてでも作ろうと。
もはや、さらなる電力源を作成する資金は無い!!!!!無いったら無いのだ!

せめてこの夏「サーフィン体験」してみようと思った皆さんの要望だけには答えようと
OPENに至りました。

ほんと!期待してくれてたサーファーの皆さんには申し訳ない!!!!
少し時間を下さい!やることは明確に分かっています。
どおすれば大きく質の良い波を作れるかも把握しています。

もはやこれ以上の改造工事は零細企業の資金では限界になってしまいました。
お恥ずかしい限りです。。小さいな。。。。俺。。。。。


あ、あと水ね。色悪いですよね。ほんと。
水源はホテルから出る温泉水や湧水、水道水を使用しています。
ホテルの裏山は鉄塔も無い見事な自然ですので汚水等は一切ございません。
それをさらに濾して注入しているのですが、僅かに土が交じるのです。細か~~~い土が。
リーフを改造した際は、やっとこ綺麗な水になったんです。透明度もそこそこありました。
っが、リーフ復旧時に砕石に溜まった土が流出し、沈殿しちゃったんです。
当然造波装置ですから波出します。波出たらかき混ぜちゃいます。波をずっと起こすもんだから見事にかき混ぜようです。
不愉快ですよね?すいません。我慢してください!っとしか言えません。

これまた6000tonの水を全て吐き出し、清掃してまた6000ton貯めるとなると1ヶ月以上かかってしまうのです。
、、、、夏が終わっちゃう、、、、、、


ほんとね、、クタクタと言い訳ばっかして
結局皆さんにお願いして納得して利用してもらうしか無いんです。お恥ずかしい、、


ってな訳で
初年度のこの夏は!「サーフィン体験施設」としてOPENします!
是非是非、安全な小波と戯れて下さいませ!!

あ、ちなみに僕もサーフィンやったことないですw
自分がやりたいから作ったもので。。。
44歳のおっさんには海デビューは怖かったのだ。
一緒に転びましょう~~~!
毎日乗るぞーーーー!!w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。