スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「KINGS GROUP」の秘密公開

さて、、何から書くか、、、
恐らく、皆さんが知りたいと思ってくださってるのが


金でしょう!


KINGS制作にあたって一体いくらかかのか?
ここでしょう?やっぱ。

そしてKINGSグループにおけるフランチャイズシステムの内容ね。
ええ、書きますよ。書いちゃいますよ。

まず、ズバリKINGSで使用するエアマットの価格、ですが完全特注。受注生産です。
柔らかさや形状などを、立地条件や使用目的、営業方針、等々考慮に入れて都度設計します。
無論、各オーナーの要望も踏まえてじっくり話し合いながら。
それで大体、ミドルサイズのもので一基1,000万円
特殊なカバーシート等もつけてです。これは日本でしか生産していないシート生地を採用しています。
※価格はあくまで目安で受注生産ですので、仕様等により異なります。


さて、ここからが本題ですが
当社「㈱レスポンスエンジニア」では問い合わせがあったとき
必ず、エアマットの価格だけでは終わりません。その後の設備にかかる費用もお話します。
エアマットだけの売りっぱなしは絶対にいたしません。
まずKINGSが重きを置くのがアプローチ。ここにはKINGSだけの技術がふんだんに盛り込まれてます。
そしてキッカー。独自の工法で作られてます。
さらにはユーザーの導線であったりと、秘密が盛りだくさんです。

しかしながら、これらを会社として有料にしてしまうと初期費用がとてつもなく高額になってしまいます。

ですので当社、当グループではフランチャイズ形式を取り
当社に売上の数パーセントをロイヤリティーとして頂いております。

エアマット購入においての当社マージン頂いてません。
造成工事や水道、電気等々、もオーナーが業者を連れてきていただいて
当社は施設を設計し、業者に対し監督として、または設計者として指示出しをします。
無論、「サマースノー」に関しても仕入れ価格そのままです。

そして、およそその工事にかかる費用ですが
これは、立地条件や仕上がりのレベルにより大幅に変わります。
本当におおよそで言えば、造成作業に1,500万円はかかるでしょう。
もし、立地が最初から傾斜地で土量も十分にあれば半額で終わるものもあります。
何度も書きますが、この工事に関し業者はユーザーに用意してもらってます。
当社は見積もり等に一切関わりません。
ですが、KINGSグループとしてオーナー側に無論立ち
値段交渉等は協力いたします。
やはりどうしても皆さんは工事業界の値段等、知らないでしょうから
初期費用を抑えるべく当社が奮闘します。

電気、水道に関しても同じです。
水道にかんしては、まずユーザーが手を洗ったりマットに散水するべく上水(飲み水)は必要です。
それとほかに、KINGSでは大量の水をアプローチにまきますので井戸水が必要です。

作井戸工事にかんしては、これは本当に地域によりまばらなのですが
(地域の地盤が岩であったりすると掘削に費用かかります)
400~700万円でしょうか。
水量としては毎分100リットル以上が必要です。


そして、当社は営業開始後の売上から数パーセントのロイヤリティーを毎月いただきます。
こうすることで、当社も売上が上がらなければ工事にかかった費用や
エアマット製造、サマースノー販売における売上が回収できません。

オーナーは何千万円という借り入れをしてKINGSを作ります。
作って、自分だけ利益を得たら「ハイ、サヨナラ」とならないために、
共に良い施設にするためにも当社はフランチャイズ形式をとり常にバックアップしていきます。
ソフトでありハードでありです。
現に「サマースノー」の導入や、キッカーの新工法。
また、フランチャイズの情報が当社に集まることによる
接客や施設運営のノウハウの共用などです。


最近では、これを逆手にとり
「KINGSは作るのに5000万円とるけど、うちはエアマット500万円だけですよー」
などと無責任な売り方をする業者が出てきました。
アプローチは斜めだったらいいのか?キッカーは上向いてりゃいいのか?
安全面は?アドバイス方法は???
エアマットは柔らかけりゃいいのか???なんでもいいから飛ばせりゃいいの?

無茶苦茶です。

結局、エアマットだけ買っても施設は作らないといけないんです。
それを隠さず、最初に伝えてるんです。
後から、後から追加なんてワタクシ大嫌いなので。商売下手なんですけどねwこれって。

当社は各KINGSオーナーと密接な関係を持ち
共に紳士な意識でお互いマナーを守り共存共栄を目指してます。
信頼関係を最も重んじてます。

オフ施設を作ろうと思う方、遠慮なさらずご相談下さい。
ワタクシは正直、最初にかなり厳しい現実を伝えます。
無理して作り、後で借金だけ残った。なんてことにならないようにです。

なぜにKINGSがオフ施設でダントツのシェアを誇るのか。
エアマットだけではありません。そういったグループ全体の強みがあるのです。


最近は恥も外聞も捨てて、同等とデッドコピーを中国で作らせ
エアマットやらサマースノーもどきやらを作っている
とんでもない恥さらしで哀れな会社がありますが
まずはご相談下さい。

PS。それにしても、同等とパクり、カラーリングや形状、はてはネーミングまでもパクって
惨めな気分にならないんでしょうか????
哀れで仕方ない、、、
そんな施設大丈夫かな、、、っと心配になります。


最後に!KINGSの進化は止まりません!
所詮は猿真似。おいていきます!


さて!次回は!圧倒的性能を誇る「サマースノー」の秘密!!
価格も公開!!
製造工場とも交渉し、価格も変化しております!!
乞うご期待!!







なんか、途中パクりに対する愚痴になっちゃって申し訳ない。
でもね、、、ワタクシ10年前に自分で設計して立ち上げたエアマット施設。
当時はウォータージャンプ&室内 全盛で誰も見向きもしなかった。
それをコツコツ地道に施設として作り上げ、フランチャイズのみんなが知名度を上げてくれて、、
ひょっこり、のうのうとパクられりゃ~~そりゃ~~~あんた怒るでしょ?
誰でもわかると思うし、恐らくパクった会社もそんな気持ち分かっててやってんでしょうね。
気持ち悪い、、、、ね!だからちょっとだけ言わせておくれ~~~。




ほなね。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。