2016年04月

KOBE-REYES-現況

ご無沙汰しております。

連日、他方より沢山のお問い合わせ頂きありがとうございます。
昨年より2016年4月オープンを目指しておりました
人工サーフィン施設「KOBE-REYES-」なのですが

2016年7月オープンとさせて頂きます。

4月オープンを心待ちにして下さっている皆様には
申し訳ないの一心であります。
本当にごめんなさい!!!!!!

我々も昨年8月から工事開始し、現在まで雨の日に10日程しか休みを取らず
スタッフ一同オープンに向け動いております。
現況として、主たる工事は年内に終了しております。
そこからのテスト&改良に時間を費やしている状況であります。

世界初の人工的に作り出されるAフレーム波。
正直、手強いです。水の動き、負荷などは机上の理論などは一切役に立たず
1/10スケールで何度も試行錯誤した数値も吹っ飛びました。

研究機関が何十億もかけて津波実験装置を作る意味も理解しました。
嫌と言うほど、、、、、

またプールの水量も8000tonほど必要であり
何か改良を行うのに、まず8000tonの水をポンプで抜き
そこから8000tonの水を温泉水等を利用しながら注入します。
果てしない作業です。ここに時間を食われています。

さらに供給電力的にも施設内の限界があり、さらなる供給工事も必要となりました。
造波装置から出されるうねりとの相性から、リーフもさらなる改良を行います。

弊社のような吹けば飛ぶ、社員3名の超零細企業。

予想を遥かに超える皆様からの期待。億を軽く超える資金調達。迫る期限。
技術的な改良方法。波のクオリティー。

なかなかのプレッシャーと日々戦っております。
トライ&エラーを繰り返し、エラーの度に目の前が真っ暗になりながら

現在主流である、ボートサーフィンの引き波方式のほうが楽だなと、、、
弱気の虫も頭をよぎりましたが、当初からの理念である
「より現実に近い波」「現実と同じ原理で造る波」に拘り

「必ず楽しい物にしてみせる」

この一心のみで戦い続けています。

何を言おうが全て言い訳になるので、無言を貫いておりましたが
あまりにも皆様のご期待が大きく、ブログにての現況報告とさせて頂きました。


実を言えば月末には大幅改良工事も終了しテストになります。
そこで納得のいく波が上がれば公開しますが
「オープン詐欺」になってはいけないと思い
余裕を持って7月オープンとさせて頂きます。

勿論、それまでに準備が整えばプレオープンとして開始いたします。

皆様の笑顔を想像し、それを糧にスタッフ一同邁進いたしております。
何卒、ご理解頂ければ幸いです。


株式会社レスポンスエンジニア
代表取締役 押部宣広
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。