2012年11月

「KINGS制作における~~ムニャムニャ、、、」

はい!どうも!だんだんとこのブログ飽きてきましたw

「一体、誰がこんな内容知りたいんだ??」
自問自答でございます~~w

ま、ね、春になると毎年質問メールが殺到しますので
いい機会なんで、お教えしちゃいましょうーってなもんだ。
まー酒でも飲みながら、「へー」って読んで下さいな♪

神戸、小布施、福岡、千葉。そして埼玉と
各KINGS来季に向け、やることいっぱいになってきて
こんな事書いてる場合やなくなってきたんですが
乗りかかった事なんで書いてしまいますw


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あ、その前に前回のブログについてご意見頂いたんでお返事なんぞを。

・~・~・~・~・~・~・
要するに!
客を取られて悔しいですってこと?
相手を罵ってばかりのモラルのない書き方にがっかり!
これを見て!二度とキングス行かないと決めました
Posted at 00:57 2012-11-22 by たろう
・~・~・~・~・~・~・

アイヤー手厳しいご意見有難うございます。
確かに、表現が過激でしたかねー。

ですが、ワタクシとしては事実であり適切な表現であると思ってます。
100人が見て100人が「KINGS」を真似たと思うものですから。
日本人として日本人らしく寡黙に貫きたかったのですが
この狭い狭い、キャパの少ない業界であまりにも「モラル」の無い行動を
されるものですから。
 それとも、明らかに真似されて
比較対象として営業で名前まで出されて、それで何も言わないのがいいのでしょうか?
長年、大事に育ててきたシステムをあたかも「自社開発」として公言され
それに対し正確な評価を発したワタクシは「モラル」がないでしょうか?
常にリスクを背負い新技術を導入したものを、表面上だけ似せて売り出す。
誰がなんと言おうが事実です。これは。
「エアマットランディングシステム」これもワタクシが10年前に造語したものです。
平気で使ってますけどねw これらは「モラル」ある行動でしょうか??

「客を取られて悔しいってこと?」
っとありますが、正直あまり関心ありません。
むしろ、最近できた各施設さんを見ると「苦労してるだろなー」っと心配すらします。
お客さんの入り込み数、売上、経費、大体わかりますから。内情。
おそらく、ワタクシの書いてることが実感されていることだと思います。

無責任な販売には断固として反対です。
施設を作った方が不幸になることは、とても悲しいです。
施設が潰れたり閑散とする姿は見たくありません。

神戸KINGSは世界初のエアマット施設としてスタートしました。
施設運営など初めてのワタクシはとてもとても苦労しました。失敗もたくさんしました。
同じ苦労はワザワザしなくてもいいでしょう?
「KINGS」もまだまだ発展途上。進化、進化を続けていかないといけない状況ですが。



っとまあ、そんな感じです。
「これを見て!二度とキングス行かないと決めました」
まさか、一般の方がそこまで思うブログ内容でもないと思ってましたが。
不快にさせたのならば申し訳ありません。

ただ、ワタクシ、公人でも聖人でも教師でも政治家でもありませんので。
真似されれば怒りますよw そりゃー


以上です。たろうさん。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、またまた皆さんすっかり飽きたであろう話が長くなりましたがw
さらに飽きたであろう「KINGS制作における、なんちゃらかんちゃら」です。

まず!お水!
前々回にも書きましたが大量に必要です。
アプローチですねーーー。
ちなみに巻き方にもコツがありますが、これは教えてあげないw
ブラシを扱うほとんどの施設が勘違いしてますからね。

教えないけどw

まーでも水が必要なのは本当です。
そこで、やはり通常の上水など使えば水道料金は
ひっくりかえる料金になります。だとすれば井戸。こいつを掘らねば。
地域によって作業工賃はガラリと変わります。
土地探しの時点で地主さんによく聞くべきでしょう。

作井業者さんは最初「メーター○○万円でいけるいよ」って言うんですが
これには水中ポンプは制御盤。はたまた配管代がはいってない場合がほとんどです。
掘るだけ。ですね。
また、「掘ってみないと分からない」これも言われます。
地面の下は実際誰にもわかりませんから。
その地域が元々岩山であったりしたら要注意です。
これは造成作業時にも関係しますが、大変ですよ。工事が全く進みません。


さて、次に電気ですね。
電気はできれば動力が欲しいです。
単相でエアコンプレッサーを回すとそれだけ負荷が大きく
逆に電力を使います。1日中回しますからね~~。
さらに夜間の照明も必要です。神戸KINGSで言えば
1000wの水銀灯を8機使ってます。
一機あたり、仕入れ業者さんにもよりますが安定機も含めて10万円前後でしょうか。
無論、機材なんでピンキリですよ。これも資材費のみのお話。配線は別。
ほかにも事務所等で使う電力を合算して引き込み電力決めるのですが
東電、中電、関電、九電、四電と各地の電力会社さんが引き込んでくれるのは
敷地境界までです。そこからは実費となりますので
敷地境界から事務所棟なり受電盤までの距離がると大変です。
よく地域の電気工事さんとご相談して下さい。
100万や200万なんてすぐ見積もりされちゃいますよ~~。引き込むだけでね。
当社では業者さんとの交渉も行ってます。
できるだけ安く作れるように。負担が軽くなるように。素人さんですと、、ねえ、、
やっぱり業者さんの見積もりが全然変わってしまいますので。実際。


っと、まあざっとですが。他にも事務所棟であったり散水方法であったりとか
エアマット設置における工法であったりとかいっぱいありますが
そろそろ各施設から「バラしすぎ!!」ってクレームが来そうなので、やめておこうかと思いますw



最後にひとつだけ!!

施設は「続ける」ってことが一番大事で一番大変です!
良かれ悪かれ、終わってしまえば終わりです。
KINGSでも毎年毎年、リニューアルを各KINGSで行っております。
長くユーザーの皆さんに楽しんでもらえるよう進化が止まることはありません。
ハードでありソフトでありです。試行錯誤の繰り返しです。

安易な気持ちで始めないで下さい。
できることなら「利用者」でありサンデープレイヤーであることが
一番楽しめます。楽しいばかりではありません。
「赤字でも全然いいよ~~」ってな趣味の範囲でならいいですが。


ちなみにワタクシは「作る」のが好きなので楽しい仕事ですけどねw


本当は、営業後の現実も書こうと思いましたが辞めておきます。
「夢」がないもんね。

それでは!いよいよシーズンイン!!!
KINGSも最後の追い込み&調整&お試しの方がいっぱい!!
怪我の無いシーズン過ごすためにも楽しみながら練習しましょう!!




ほなね





















スポンサーサイト

「KINGS制作における、もっと具体的なお話~その壱~」の巻

どーも!いや!どーも!
寒いでんな!冬でんな!きましたな!
ってことで、神戸KINGSでも例年より早めに
「二週間パス」
発行してますよー!!

一般     一ヶ月  二週間
平日/土日祝 ¥20000 ¥12000
平日最終土日 ¥22000 ¥13000
フリーーーー ¥24000 ¥14000
レディース/ジュニア
平日/土日祝 ¥10000 ¥9000
平日最終土日¥12000 ¥10000
フリーーーー ¥14000 ¥11000

何故に例年より早くの発行か、、、それは、、

別に。なんやスタッフがヤイヤイ言うから。「出せば」って。w


さて、本題ですね。
それはそうと、何故にこんな事を書き始めたのかというと
そうです!バッタもんを叩き売りするパクリ会社がのうのうと語るので
これ以上、お粗末なジャンプ施設を作って欲しくないからなんですよー

「サマースノー」(夏雪)しかり、、、具体的に言うと、パクリのあれ、ヒールターンすっぽ抜けますよw
お粗末すぎて笑えます。何も知らない。
エアマットのパクリ。あれ、圧着が貧相なのですぐ隔壁裂けます。
見ればわかります。めちゃくちゃ痛むの早いですよ。「やっちゃいけない」っていうポイント満載ですからねー
しかも最初の工事代が安いように見えて、後でそれなりのものにしようとしたら
かなり費用がかさみます。それでいて変更のきかない困ったプラントになっちゃいます。

そもそも売ってる会社の施設自体、、、、、、ねえ、、、、、いけてます??
多分それでいて「絶対!流行りますよ!」とか無責任に言うんでしょうね、、、
売れりゃいいもんね。
前回も書きましたが、そりゃーあんた堂々とパクってるんですから
「パクリ」と呼べれることぐらい覚悟してるんでしょう。
それすら平気な低レベルな人達ですから。

だったら、こちらもキチンと「パクリ」と呼び、説明してあげましょう。ってな話だ。
皆が「聞き飽きたー」って言っても、延々言い続けますw



ではでは、それらパクリもふまえての
「KINGS制作における、もっと具体的なお話」
まず施設を作ろうと思ったら
1、誰が運営するのか
2、どんなユーザーをターゲットとするのか
3、資金はどこから調達するのか
4、土地はどうするのか
5、工事はどこがするのか
6、設計は誰がするのか
等々を決めなければいけませんね。

1、については例えば神戸KINGSならワタクシ。っと住み込みの愉快な仲間達。
  無論、お給料はしっかり払わなければいけません。施設利用がフリーであるとか
  ゲレンデ言えばリフト代がいらないだとかの条件は一昔前。
  客だかスタッフだかの線引きがなされてないようではダメ。神戸も昔はそうでした。

2、これも大事ですねー。選手用、上級者用、初級者用、ファミリー用。
  飛びメイン。ジブメイン。複合施設。などなど。
  あれもこれもは不可能です。しっかりターゲットを絞り逃がすユーザーもいますが割り切って。
  施設が全て中途半端になっちゃいます。
  スタッフや常連の溜まり場になっちゃいますね。閉鎖してしまった施設は思い当たるフシが
  あるかと思います。

3、資金調達は大変です。「1000万円ポッキリでいけますよ!」なんて、のたまう会社には要注意!
  絶対に後で工事必要なんですから。後で書きますが、どんな施設でも必要になってきます!
  ~ご利用は計画的に~

4、土地。これは難しい。そしてウルトラ重要。「自分の持ってる土地ならタダ」とか
  「スキー場」。立地がインター近くなり、都市部から近ければいいですが
  まず無いでしょう。趣味で作るぶんにはいいでしょうが、それで経営を成り立たせるには、、、です。
  「うちの近所には山がいっぱいある」よく聞きますが、それらの地主さんが「貸したい」っと
  不動産屋にでも出してない限り無理です。条件がよく尚且つ賃貸希望でそれでいて安い。
  これは、毎回大変なんです。めちゃんこ苦労します。

5、工事業者ですねー。KINGS含めオフトレ施設なんてどこの業者も施工実績ありませんので
  まず、話だけでは伝わりません。作りながらも皆さん「??????」ですw。
  キチンとした理解した監督が必要です。「カン」とかではダメですよー。数値抑えてないと。
  追加工事も絶対出ますので、費用も余分に見ておきましょう。

6、5とかぶりますが、設計ですね。これは大事です。最近のできた施設を見ると
  「だ、、、誰がどんな設計してん、、、、」っと絶句してしまうものを見かけます。
  「絶対それやったらアカンやん」てな事を平気でやってしまいます。
  「自分はライダーだから」だの「雪山でジャンプ台つくってたから」ってのが一番怖い。
  アプローチ、キッカー、ランディング。全て揃ってジャンプです。



ではまず、エアマットはあるものとしましょう。
それに対するアプローチ。皆さんはこれを安易に考えすぎです。ここは本当に大事。
パクリ施設なんて「恐怖のアプローチ」でしかありませんからね。効率が悪すぎる。無駄の塊。
KINGSのアプローチって短いんです。でも飛びます。しかもきつくないでしょ?
例えば立地が平地の場合。そもそも土の持ち込みは都市計画法における「砂防法」「河川法」であったりと
法にふれる場合がほとんどですので無理と思ってください。
では、どうするか。足場等で組み立てる。鉄筋でも。
平地におけるエアマットとアプローチの鉄筋(組立式)も当社設計し、数年前に考えてましたが
少なくとも、どんなに小さなジャンプ(飛距離5~8m)だとしてもスタート地点は
地上8~10mになってしまいます。それを階段であがり、、、
アプローチの両サイドは壁、、、、強風がくれば、、、、リスク高すぎです。
エアマット滑り台の親分のようなエアマット、、、業者とも相談したことありましたが、、


却下しました。w  無駄


パクリ達の考えつくことは全てとうの昔に当社で考えて却下したものばかり。
浅いんですよ。考えが。子供の知恵程度。
技術者の立場からすれば「退化」以外の何者でもない。
平らな四角いだけのエアマットなんて、あんたそりゃーもー、、、ですよww
作るのなんて造作もないこと。そりゃー安いでしょーけどねw
結局、限界感じてKINGSのエアマットランディングシステムをパクってりゃー世話ないわw

ウォータージャンプしかり平らなエアマットしかり「最高!!!」って言ってませんでしたー?w
ウソだったんですねw ま!恥ずかしい♪浅はかさモロばれですね♪

どうしても、と言う要望あれば設計、制作、施工しますよ。立地的にどうしてもここ!
っというのであれば。おすすめはしませんがね。滑り台の親分w
長い目で見れば絶対に造成です。っとなると傾斜地。または敷地内での土の移動が可能であること。
になってきます。なかなか出てこないんですよね~この土地が。林であったりすると伐採&処理に
またまたお金がかかりますし、木ってそんなに簡単に切っていいものではないんです。

保安林であったり、公園法であったり、はたまた雨水浸透阻害法に引っかかったり。

あわよく木を自由に切っていい場所だとして
伐採&処分に¥1,000/㎡だとしましょう。(こんなに安くないでしょうが)
幅20M×長さを全長(エアマット&アプローチ)70Mだとすれば1400㎡
二機置くとすれば倍の2800㎡
駐車場も必要ですね。二台止めるのに対面駐車で3mx17mだとすれば51㎡
50台止めたいとすれば51㎡x25=1275㎡
人が歩いたり事務所スペースだ余剰スペースが1000㎡として
合計、約5000㎡。坪にして1538坪。
木の処理で500万円かかります。

次に土工事です。仮に何もない平らな土地だとすれば盛り土は
例えば単純に高さ10mで長さ30m、幅10mのアプローチとすれば1500立米(M×3乗)
0.7のバックホウ(ユンボ)で土質にもよりますが、動かせるのがせいぜい150~200立米
これもバックホウの届く範囲なんてしれてますから、移動にはキャリアダンプ(下半身がキャタピラのダンプ)
が必要になり、ダンプに積むバックホウと下ろすバックホウが必要。
すると、ざっとですが三台が10日間は必要です。さらには成形もしていかないといけない。
二台で3日はかかるでしょう。粗造成でですよ?
バックホウのオペとリース、燃料費で最低でも5万円。キャリアダンプも同じとして
粗造成で5万円×36コース=180万円。
しかしながら、これを足場なり鉄筋でやったなら、、、相応は必ずかかります。きっと軽くそれ以上。
足場なんて人件費だけでも恐ろしい。

それだけの値打ちは、、、、、無い。残念。

そして、土を盛ると必ず法面が必要になり、裾の面積は高さに比例しますので45°の法面としても
高さが10mならば5m広がります。(45°なんてないですけどねw分かりやすく説明してます)



ここでもし身近に業者さんがいたならば、土量計算してもらって下さい。
経験上KINGS二機置きならば、小高い丘があり、ランディング部分を掘り下げ、その土をさらにアプローチに使ったとしても(通称:いってこい)3000立米~4000立米は作業します。
そうです、粗造成だけでも400~500万円はしちゃうんですよ。
そこに、砕石も必要ですね。ドロドロですから。砕石(網下と呼ばれるリサイクルで一番安いもの)でも
大型ダンプで運んでもらえば一杯¥6,000はします。一杯で6立米程度です。

先ほどの木の処理で出した面積が5000㎡。全面に50cmの砕石を引くと、、、
2500立米必要。2500立米÷6立米=416.6。 416×¥6,000=¥2,496,000-
これをさらにキャリアダンプで運び、伸ばして成形し、さらに押し固めるんですね。

ね?1,000万円なんて「っあ!」っとゆうまに飛びますよ。


エアマットだけの売り切りなんて無責任すぎて考えられない。
この工程だけでも誰が業者と折衝するのでしょうか。誰が設計するのでしょうか???
さらにコンクリートをするとなれば金網は引かないといけないし
ちなみにコンクリートの材料費で、これも地域により大幅に変わりますが
¥10,000~15,000/立米。打設するときにはポンプ車も別途必要です。
さらに言えば、ポンプ車の届く範囲を計算しうておかないといけない。



とりあえず、土工事だけでもこんな感じです。か、、、書ききれない、、、

まーね、こんなものたかだか1、2年エアマット施設やっただけではわかりません。
さらに言えばスキー場内などの立地でしか作った経験程度ではとてもとても、、
ほんと「ウソ、大げさ、まぎらわしい」ですよw
自慢ですが当社㈱レスポンスエンジニアは

神戸KINGSを作り、数回に渡る大幅リニューアル工事を繰り返しての10年営業。
2008年には大阪「O-AIR」を土地探しから許認可、設計、交渉、工事まで。
2010年には小布施KINGS、福岡KINGSの土地探しから交渉、設計、工事、施工。
2012年には千葉KINGSを同じく全て。

5個の施設を作り上げてきました。
そして神戸KINGSは直営業し、小布施・福岡・千葉とフランチャイズとして
深く連携し経営にも携わっております。

キャリアが違います。作ったどれもがお蔭さまで人気施設として運営させていただいてます。
その立地・地形にあった設計にも自信があります。
甘い売り文句は言いませんが、一度ご相談下さい。現実をお話しますよ。



※上記金額や数値はあくまで目安で適当ですので、ツッコミは勘弁してくださいねー


さて、今回は土工事だけで一杯ですw
次回はー水道工事・電気工事でもいきますかねーー。



パクリ会社さんも参考になってるかなー?
でもね、施工法直すより、そのパクり根性直したほうが早いよー。


ほなね。















  

「サマースノー」の秘密

どうも!こんにちは!

さて、ブラシの中で圧倒的性能を誇る「サマースノー」の秘密なのですが
その前に
前回の「KINGS GROUP」の秘密 に補足しておこうと思います。

KINGSと言えば現在
神戸KINGS:2003年
小布施KINGS:2010年
福岡KINGS:2010年
千葉KINGS:2012年
っとあるわけでして、そして
埼玉KINGS;2013年OPEN予定であります。

これらKINGSですが、何も自由奔放に作りまくってるわけではないんです。
お互いが半径100km圏内には作らないとゆうルールの中で作ってます。
ただし、今回大都市である東京近郊では半径90kmルールでやってます。

KINGSGROUP内でお互い理解しあい、紳士的に同じ業界の仲間として譲歩しあい
みんながHAPPYであるようにと協力して作り運営しています。
また、逆に立地条件等で運営が成り立たないであろう物件に関して
ワタクシ、正直に「キツイでしょう」と申し上げております。
現在がSNOW関連のお仕事でなく、脱サラ的な方にも
「趣味の範囲でやられてるほうが楽しいですよ」っとKINGSオススメいたしません。
そんなに楽なもんじゃないんでね。本当に。

まあ、無茶苦茶に無知な輩がデッドコピーな粗悪品売るのもいいですが
何のノウハウがあって、偉そうに語ってるんでしょうか?
まず自分自身の施設をHAPPYにさせてからにすればいいのに。
当社は目先のお金欲しさに売りまくることはいたしません!!

そりゃーユーザーにとっては、自分の近くに練習場ができりゃーうれしいですよね?
それでいてアチコチにできて空いてりゃー、そりゃー幸せだ。

でもね、それって潰れていくんですよ。
結局、遊び場が無くなっていくんですよ。コンビニみたいなもんですよ。
怖い、怖い。賊ですね。


ま、言っておきたかったので。いい機会なんで。



さて!前置き長くなりましたが今回の本題!
圧倒的性能を誇る「サマースノー」の秘密!!

まずは、形状ですね。
110425_130254.jpg
進行方向に倒れてますねー。こいつが弾力を与えてます。
そして、先端の突起。マッチ棒のようになってます。
こいつがエッジのグリップをよびます。

そしてなにより大事なのが素材です。
某パクリは同じ「ナイロン」樹脂だ!っと嘘言ってますが
当社が提携している工場では独自に調合繰り返した特殊配合ナイロン樹脂を使用しています。
従来のブラシ製品の素材である
高分子ポリエチレンにもピンからキリまで種類、グレードがあります。
ナイロン樹脂にかんしても同じで当社では最高峰のもの使用しております。
材料費で言えば高分子ポリエチレンの4倍はいたします。
そうです「サマースノー」は高いんです。

なぜそうまでして高価な素材を使うのか。
皆さん、サマースノーで滑って以前のブラシのようにブラシがこびりついたりしましたか?
ないでしょう。
それは、融点温度が高いんですね。ナイロンは。熱に強い!だから走る!
まだあります。前述した斜め形状のサマースノーですが、この斜めを維持するのに
何度も研究・テストし配合された特殊ナイロン樹脂が必要なんです。
おそらく安価なナイロンでは形状維持できません。
柔らかけりゃいい。ズラシ易く、最初のとっかかりだけ良い。
それだけではダメなんですよね。その後のライン取りに必要なエッジング性能も兼ね備えていないと。


ブラシにいたってのお話ですが
神戸KINGSができるまでオフ施設といえばスキーヤーのものでした。
「ボーダーにブラシは無理」
これが定説でした。
「ブラシは直滑降」
常識でしたよね?

これを覆したのが神戸KINGSです。むしろ「直滑降禁止」ですと。
当時のブラシはとてもシビアで、入門レーンなるものを設けてスタッフつきっきりでした。
その間も他施設では
「真っ直ぐに!!」って叫んでましたけどねww危ない危ないww

神戸KINGSも8年間営業終わった時にエアマットやアプローチ、キッカーの改良が進み
「いよいよ、これはブラシに革命だな」っと思いました。
オフ施設の永遠のテーマでした。
そりゃー人工雪があれば最高ですが、何せ維持費がハンパじゃない。
とてもじゃないが屋外で10Mを超えるキッカー施設の量は維持できない。

しかしながら、人工雪と違って貼るだけの人工芝。消耗はあるにしてもだ。
少々高価だからといっても、雪に近づけようとしたら安いもんじゃないかと。。。
それで、どれだけの人が楽に飛べて楽しめるんだ?
そして行き着いたのが「サマースノー」です。
正直高価ですが、ここをケチるって怠慢だと思います。ワタクシは。

パクり商品は素材のグレードを下げ価格勝負のみ。
「サマースノー」に便乗して形状真似て。
本当に買った人が可哀想です。
まだ、未だに安物でいきますか?性能下げますか?売れたらいいですか?ビックリです。
はっきり言ってユーザーをバカにしている。

そして営業している人たちは本当に製品のことを知ってますか?
パクっておいて「開発した」っとのたまう人たちは、自分たちの施設で
本当にターン教えてますか?何を知ってますか??


折角、ユーザーの為に押し上げたオフトレ施設レベルを下げないで欲しい。



ってな訳で、「サマースノー」を皆さんに使って欲しい!
っが!高い!!とても高い!!
従来のブラシが¥2,800~4,500/㎡ 程度でした。
それに比べてサマースノーは定価ですが¥13,500/㎡
注文が100㎡以上になると¥12,500/㎡
500㎡以上ですと¥10、500/㎡


仮にアプローチを1レーン100㎡とすると
¥28~45万円で済んだものが¥125万円。
でもね、これを人工雪にしようとしたらイベントなどでも
一回の設置で¥1000万円はかかっちゃいます。

何千万円もかけて作る施設。みんながそれで喜ぶなら
着地同等に大事なアプローチに¥125万円は高いですか?
当社及びKINGSGROUPでは高くないと判断しました。


っが!しかし!もっと使用しやすい価格をと!


そこで!国内製造工場さんと交渉を進め
100㎡以上を¥10,500/㎡ としました!均一です!
無論、1000㎡以上の夏季パークやゲレンデの場合は応相談いたします。



最後に、何もKINGS以外の施設はいらないと言ってるんじゃありません。
サマースノー以外はダメだと言ってるんでもありません。
実際、昔のブラシで練習した神戸KINGSライダーは
THE SLOPE四連覇などめちゃくちゃシビアだっただけに成果も上がってました。

どうせ作るなら
「スゲー!」っと我々を思わせるほど画期的なものが出来て欲しい。
「よーーし!KINGSだって負けねーど!」っと思わせて欲しい。
KINGSは日々進化しています。フランチャイズどうしでも切磋琢磨しています。
皆もどんどん独自に考えればいい。
そしてどんどん施設のクオリティーがあがりユーザーが楽しめたらいい。
ブラシもサマースノーより良い物がでれば当社も買いたい。使いたい。
もっともっと雪に近づくことを願ってます。




さて!次回は
「KINGS制作における、もっと具体的なお話」の巻~~♪
これには営業開始後の現実や
土地探し、工事におけるさらなる具体的な価格なども織り込みますよ~~

お楽しみに!!


ほなね。


















「KINGS GROUP」の秘密公開

さて、、何から書くか、、、
恐らく、皆さんが知りたいと思ってくださってるのが


金でしょう!


KINGS制作にあたって一体いくらかかのか?
ここでしょう?やっぱ。

そしてKINGSグループにおけるフランチャイズシステムの内容ね。
ええ、書きますよ。書いちゃいますよ。

まず、ズバリKINGSで使用するエアマットの価格、ですが完全特注。受注生産です。
柔らかさや形状などを、立地条件や使用目的、営業方針、等々考慮に入れて都度設計します。
無論、各オーナーの要望も踏まえてじっくり話し合いながら。
それで大体、ミドルサイズのもので一基1,000万円
特殊なカバーシート等もつけてです。これは日本でしか生産していないシート生地を採用しています。
※価格はあくまで目安で受注生産ですので、仕様等により異なります。


さて、ここからが本題ですが
当社「㈱レスポンスエンジニア」では問い合わせがあったとき
必ず、エアマットの価格だけでは終わりません。その後の設備にかかる費用もお話します。
エアマットだけの売りっぱなしは絶対にいたしません。
まずKINGSが重きを置くのがアプローチ。ここにはKINGSだけの技術がふんだんに盛り込まれてます。
そしてキッカー。独自の工法で作られてます。
さらにはユーザーの導線であったりと、秘密が盛りだくさんです。

しかしながら、これらを会社として有料にしてしまうと初期費用がとてつもなく高額になってしまいます。

ですので当社、当グループではフランチャイズ形式を取り
当社に売上の数パーセントをロイヤリティーとして頂いております。

エアマット購入においての当社マージン頂いてません。
造成工事や水道、電気等々、もオーナーが業者を連れてきていただいて
当社は施設を設計し、業者に対し監督として、または設計者として指示出しをします。
無論、「サマースノー」に関しても仕入れ価格そのままです。

そして、およそその工事にかかる費用ですが
これは、立地条件や仕上がりのレベルにより大幅に変わります。
本当におおよそで言えば、造成作業に1,500万円はかかるでしょう。
もし、立地が最初から傾斜地で土量も十分にあれば半額で終わるものもあります。
何度も書きますが、この工事に関し業者はユーザーに用意してもらってます。
当社は見積もり等に一切関わりません。
ですが、KINGSグループとしてオーナー側に無論立ち
値段交渉等は協力いたします。
やはりどうしても皆さんは工事業界の値段等、知らないでしょうから
初期費用を抑えるべく当社が奮闘します。

電気、水道に関しても同じです。
水道にかんしては、まずユーザーが手を洗ったりマットに散水するべく上水(飲み水)は必要です。
それとほかに、KINGSでは大量の水をアプローチにまきますので井戸水が必要です。

作井戸工事にかんしては、これは本当に地域によりまばらなのですが
(地域の地盤が岩であったりすると掘削に費用かかります)
400~700万円でしょうか。
水量としては毎分100リットル以上が必要です。


そして、当社は営業開始後の売上から数パーセントのロイヤリティーを毎月いただきます。
こうすることで、当社も売上が上がらなければ工事にかかった費用や
エアマット製造、サマースノー販売における売上が回収できません。

オーナーは何千万円という借り入れをしてKINGSを作ります。
作って、自分だけ利益を得たら「ハイ、サヨナラ」とならないために、
共に良い施設にするためにも当社はフランチャイズ形式をとり常にバックアップしていきます。
ソフトでありハードでありです。
現に「サマースノー」の導入や、キッカーの新工法。
また、フランチャイズの情報が当社に集まることによる
接客や施設運営のノウハウの共用などです。


最近では、これを逆手にとり
「KINGSは作るのに5000万円とるけど、うちはエアマット500万円だけですよー」
などと無責任な売り方をする業者が出てきました。
アプローチは斜めだったらいいのか?キッカーは上向いてりゃいいのか?
安全面は?アドバイス方法は???
エアマットは柔らかけりゃいいのか???なんでもいいから飛ばせりゃいいの?

無茶苦茶です。

結局、エアマットだけ買っても施設は作らないといけないんです。
それを隠さず、最初に伝えてるんです。
後から、後から追加なんてワタクシ大嫌いなので。商売下手なんですけどねwこれって。

当社は各KINGSオーナーと密接な関係を持ち
共に紳士な意識でお互いマナーを守り共存共栄を目指してます。
信頼関係を最も重んじてます。

オフ施設を作ろうと思う方、遠慮なさらずご相談下さい。
ワタクシは正直、最初にかなり厳しい現実を伝えます。
無理して作り、後で借金だけ残った。なんてことにならないようにです。

なぜにKINGSがオフ施設でダントツのシェアを誇るのか。
エアマットだけではありません。そういったグループ全体の強みがあるのです。


最近は恥も外聞も捨てて、同等とデッドコピーを中国で作らせ
エアマットやらサマースノーもどきやらを作っている
とんでもない恥さらしで哀れな会社がありますが
まずはご相談下さい。

PS。それにしても、同等とパクり、カラーリングや形状、はてはネーミングまでもパクって
惨めな気分にならないんでしょうか????
哀れで仕方ない、、、
そんな施設大丈夫かな、、、っと心配になります。


最後に!KINGSの進化は止まりません!
所詮は猿真似。おいていきます!


さて!次回は!圧倒的性能を誇る「サマースノー」の秘密!!
価格も公開!!
製造工場とも交渉し、価格も変化しております!!
乞うご期待!!







なんか、途中パクりに対する愚痴になっちゃって申し訳ない。
でもね、、、ワタクシ10年前に自分で設計して立ち上げたエアマット施設。
当時はウォータージャンプ&室内 全盛で誰も見向きもしなかった。
それをコツコツ地道に施設として作り上げ、フランチャイズのみんなが知名度を上げてくれて、、
ひょっこり、のうのうとパクられりゃ~~そりゃ~~~あんた怒るでしょ?
誰でもわかると思うし、恐らくパクった会社もそんな気持ち分かっててやってんでしょうね。
気持ち悪い、、、、ね!だからちょっとだけ言わせておくれ~~~。




ほなね。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。